探せる!見つかる!CMS比較サイト

静的CMSと動的CMS

CMS豆知識

昨今のCMSは、大きく「静的CMS」と「動的CMS」に分けられます。これは、ユーザーがアクセスしたときにページがどう表示(生成)されるかの違いと言えます。

静的CMS

静的CMSとは、あらかじめ静的ページとして生成しておき、Webサイトに転送する方式のことです。事前に生成するため、SEO効果が高い、ページ表示速度が速い、サーバに対する負担が少ないといった利点があると言われています。ただし、規模の大きなサイトになってくると、多くのHTMLファイルを用意する必要があり、運用の負担が大きくなってきます。

動的CMS

一方、動的CMSとは、ページを表示するための“パーツ”をデータベースに格納しておき、ユーザーがアクセスした際にそのパーツを集めてページを生成・表示する仕組みです。ユーザーの特性や行動に合わせてコンテンツの出しわけをすることができます。また、更新頻度が高かったり、ユーザビリティを重視したりするサイトにも向いています。ただし、静的CMSに比べてアクセス量が増えやすいため、サーバを多重運用する必要があります。

最近では動的CMSの製品が増えている

最近では、オウンドメディアの広がりや、ユーザーごとにコンテンツの出しわけをするのが一般的なWebマーケティング手法になってきていることもあり、動的CMSがやや優勢となっているようです。特に大規模サイト向けの高価な製品は、動的CMSとなっているものが多くあります。OSS系CMSとして有名なWordPressも動的CMSになっています。

;